オリジナル性の高い演奏会・講演会の企画運営

行政や各種団体と連携し、演奏家と聴衆が一体となって、音楽の喜びを相互に享受できるオリジナル性の高い演奏会、講演会、イヴェントを提案します。 大ホールに限らず、演奏家の息遣い、表情を身近に感じられる室内楽の魅力を探るサロンコンサートも企画制作します。


     
  

また広く一般を対象とした「演奏家」「作曲家」「舞台芸術家」「宗教家」などの講演会の企画も、音楽の楽しみをお伝えすることができます。




   

 

  

日本語のオペラ作品の企画制作

日本語による日本のオペラを関西から世界に発信したい、それもファミリー向けの室内オペラ作品を、との思いを実現化します。

近い将来、文化庁や各種助成団体からの公的な補助金を得るにふさわしい活動を目指します。

17年には室内オペラ「細川ガラシア」の制作に着手します。公演に向けて製作ボランティアを広く募ります。英知と経験をお貸しください。


  

大阪室内歌劇場の再興支援

2001年に創立。以来活動を中止していましたが、今般のNPO設立にあわせて再開します。上記「日本語のオペラ」活動のための歌手ならび舞台技術者の集団という位置づけです。
設立演奏会の記事、報道記事はサイドバーの画像をクリックしてお進みください。)



  
 

オルフェウス大阪室内管弦楽団の活動拡充

富岡健を音楽監督に、関西の最前線で活躍するプロフェナルな演奏家が結集した室内管弦楽団です。 オペラや合唱など声楽との協演に特化したオーケストラとして活動を拡充させてまいります。