私たちの4つの事業

NPO法人音楽の恵みネットワークの設立にあたって

profilei_1200pxx500270x300
                    理事長 富岡 健

無縁社会という言葉は平成22年にNHKが制作したドキュメンタリー番組による造語です。単身世帯が増え、人と人の関わりが希薄化し、それが老年層ではなく若年・中年層にも蔓延しつつあるという現代社会の一面を適格に表す言葉として世の中で広く使われるようになりました。

20数年に及ぶ大阪芸術大学での後進指導を終えたいま、この無縁社会にこそクラシック音楽が持つ普遍的な恵みを一人でも多くの方々と分かち合いたい と考えるようになりました。音楽の恵みは「音楽は天と地を結ぶメッセージ」であり「人生を豊かにする心のオアシス」と言われています。音楽の恵みに寄り 添って生きる社会づくりは、悩める現代の社会にこそ「暖かな感性と絆を作りだす大きな働きを果たす」と確信するに至りました。

「クラシックをアカデミズムなものとして捉えるのではなく、音楽の恵みの喜びを享受し、人と人の絆づくりの要となる音楽活動を広めたい。」 この理念に賛同してくれる仲間が増え、現在では関係団体もそれぞれ規模を大きくして育っています。今後は、これまでの活動を大阪を中心とした活動にとどめること なく、社会全体への広がりへと考えていきたいと願っています。

私たちの「音楽の恵みに立脚した舞台芸術活動と音楽生涯教育活動に関する事業」が、豊かな感性あふれる社会の絆づくりのために広く用いられ、無縁社会と呼ばれる現代社会に灯をともす運動として社会に貢献し寄与することを、法人化への趣旨とします。(設立趣意書から抜粋)

 

(1)音楽振興事業

オリジナル性の高い公演企画
日本語のオペラ作品の企画制作
行政や各種団体と連携し、演奏家と聴衆が一体となって、音楽の喜びを相互に享受できるオリジナル性の高い演奏会、講演会、イヴェントを提案します。 大ホールに限らず、演奏家の息遣い、表情を身近に感じられる室内楽の魅力を探るサロンコンサートも企画制作します。

日本語による日本のオペラを関西から世界に発信したい、それもファミリー向けの室内オペラ作品を、との思いを実現化します。

近い将来、文化庁や各種助成団体からの公的な補助金を得るにふさわしい活動を目指します。

オルフェウス大阪室内管弦楽団の活動拡充
大阪室内歌劇場の再興支援

富岡健を音楽監督に、関西の最前線で活躍するプロフェナルな演奏家が結集した室内管弦楽団です。 オペラや合唱など声楽との協演に特化したオーケストラとして活動を拡充させてまいります。

2001年に創立。以来活動を中止していましたが、今般のNPO設立にあわせて再開します。上記「日本語のオペラ」活動のための歌手ならび舞台技術者の集団という位置づけです。
設立演奏会の記事、報道記事はサイドバーの画像をクリックしてお進みください。)

公開講座・講習会
教会音楽を教会で・・・推進事業

広く一般を対象とした「演奏家」「作曲家」「舞台芸術家」「宗教家」などの講演会の企画も、音楽の楽しみをお伝えすることができます

バッハはプロテスタントだからカトリックは演奏しな い、モーツアルトはカトリックだからプロテスタンは演奏しない・・・などだれが主張するのでしょうか。音楽はエキュメニカルです。宗派も教派も超えて、人 類共通の財産をキリスト教会で演奏し、祈りを共にする活動を展開します。

(2)音楽生涯教育事業

合唱団の育成・・・
指揮法講座

音楽は楽しいを根幹に、団員お一人お一人が光り輝く合唱団へと導きます。
■指導者の派遣・・・
アンサンブル指導に精通したヴォイストレーナー、ピアニストを派遣し、合唱団の育成に寄与しまします。

大阪芸術大学で20数年「指揮法」を担当し後進指導にあたった当NPO法人の理事長・富岡健の「指揮法講座」。
対象・・・・合唱指揮者・吹奏楽指揮者
合唱・ブラス・指揮の出張クリニックも音楽の楽しさと本質をベースに高度なアンサンブルを築くと好評を得ています。

(3)音楽ボランティア事業

音楽の恵みを分かち合うために、「演奏をしてほしい」方々と「演奏したい」方々をつなぐパイプ役を担います。

(4)創作活動事業(出版・編曲)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e1321880198509-1-225x300.jpg です谷本智子 詩曲  富岡健 編曲

この作品の特集サイトを設けております。
http://npo-musicgrace.ken-music.net/tinyhappines/index.html

みずうみの歌
青島広志 作曲  富岡健 編曲

滋賀男声合唱団による委嘱作品。
青島広志氏の委託を得て編曲に着手。
初演はびわ湖ホールでのJAMCA演奏会。

 

 

●出版までの経緯
●音取り音源
混声4部・女声3部パート練習用
●藤藪牧師支援など・・・
(左記画像をクリックください)

小編成オーケストラによるオペラ作品のレンタル譜管理
その他の出版・編曲案内は・・
「魔笛」「椿姫」「こうもり」などグランドオペラを一管編成のオーケストラで演奏できるように工夫した編曲ライブラリーの管理。

現在リスト作成中です。完成までしばらくお待ちください。

 

日本著作権協会での申請を済ませたものからこのページで発表します。下記出版予定作品のうち、お急ぎの方はその旨ご連絡ください。

出版予定作品・・・

●レ・ミゼラブル(男声合唱)
●オペラ座の怪人(男声合唱/混声合唱)
●くるみ割り人形から「トレパークと花のワルツ」(女声合唱)
●O DIVIN REDEEMER(混声合唱/男声合唱)
●鳥の歌・カタローニア民謡(男声合唱・女声合唱)

演奏会出版物の提案
日本著作権協会への著作権登録と管理

印刷業界の価格破壊が進み、印刷費は随分と軽減されました。しかし「悩み」は版下となるデザイン。そこで提案です。文字原稿だけをご用意いただき、版下は当NPO法人支援者であるプロのデザイナー(複数)が市価の約半額で作成する方法を提案しています。お問い合わせください。

JASRAC大阪支部
〒541-0042
大阪市中央区今橋3-3-13 ニッセイ淀屋橋イースト3F
TEL:06-6222-8261
FAX:06-6222-8260